DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

2:6:2の法則

2:6:2の法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの研究により示された組織構成の法則です。別名、働きアリの法則とも呼ばれ、「組織を構成する上位2割が全体の業績の大部分を担っており、6割は普通の働き、残り2割はあまり働かない」という理論です。特徴的なのは、どんな人員編成にしたとしてもこの構成にたどり着くとされることで、仮に上位2割だけを抜粋して組織を構成しても、またその中で新たに2:6:2に分化することが知られています。