次世代リーダーへの第一歩
自律型人材研修
変化する業界環境に適応し、自分軸を見つけて行動する力を身につける
こんなことはありませんか?
  • 従業員が自発的に行動する意欲が足りない

  • 業務遂行時に自己判断が困難な社員が多い

  • 組織や職場の目標に対する社員のコミットメントが低い

  • 社員が組織のビジョンや目標に対する理解が浅い

  • 自己改善や自己成長に対する社員の意識が低い

  • 社員のセルフマネジメント能力が不足

  • 自らの役割と責任を理解し、それに基づいた行動が取れない社員がいる

  • 主体的に業務改善を提案しない社員が多い

  • デジタル化への対応が遅い社員がいる

  • 組織の長期ビジョンを理解し、それに沿った行動を自発的に取る社員が少ない

主体性自律性〜組織の成果向上へのカギ

従業員の自主性が引き出す成長と進化のダイナミクス

現代のビジネス環境は急速に変化しており、組織はその変化に柔軟に対応する能力が求められています。そのためには、従業員一人ひとりが主体性自律性を発揮し、組織の一員として積極的に業務に取り組むことが必要不可欠となっています。

 

主体性自律性を持った従業員は、与えられた仕事だけでなく、自ら課題を見つけ、解決策を提案し、実行する能力を持ちます。それは個々の業務に新しい価値をもたらすだけでなく、組織全体の業績向上にも寄与します。

 

また、自律性は自己の成長と密接に関連しています。自分のスキルや知識を常に更新し、自己鍛錬に努めることで、個々の従業員がその能力を最大限に引き出すことができます。そして、それぞれの従業員が自身の成長に対して責任を持つことで、組織全体としての成長と進化が可能となります。

 

さらに、自律的な従業員は、組織のビジョンや目標に対して自発的にコミットする傾向があります。組織の一員としての自覚を持つことで、そのビジョンや目標を達成するために必要な行動をとることが可能になります。

 

つまり、主体性自律性は、従業員個々の成長、組織の効率と生産性の向上、そして組織全体のビジョンと目標の達成に向けた重要な要素となります。そのため、従業員の主体性自律性を育むことは、組織の長期的な成功に不可欠な投資と言えるでしょう。

自律型人材の育成〜理解から行動まで

外部環境の理解、自己探求、ビジョン設定、行動計画を通じた自律の形成

自律型人材の育成は、外部環境の理解から始まります。まず、企業を取り巻く外部環境(社会のデジタル化、価値観の多様化、少子高齢化など)を理解し、それらが自身の業務やキャリアにどのように影響するかを把握します。

 

次に、自己理解と価値観の探索フェーズに移ります。自己の興味、能力、価値観について深く探求し、それが自身の仕事やキャリアにどのように関わるかを理解することは、自律的な行動の土台を築く重要なステップです。

 

その後、キャリアビジョンと個人のミッションステートメントの設定を行います。これにより、自己理解と価値観が組織の理念や長期ビジョンとどのように一致するかを明確にし、自身の役割と目標を見つけることができます。

 

最後に、これらの理解を基に自己の行動を計画し、セルフマネジメントのスキルを磨きます。自分自身の成長と変化に対する計画を作成し、その実行に取り組むことで、真の自律性が生まれます。

 

以上のプロセスを通じて、従業員は自己と組織の目標を統合し、自己鍛錬を通じて自律的な行動をとる能力を育むことができます。

自律型人材育成に向けた研修

外部環境理解、自己探求、ビジョン設定、行動計画による自律の育成

従業員の自律性を強化するために研修を実施することは、組織の持続的な成長と成功において重要な役割を果たします。

 

まず、研修を通じて従業員は企業を取り巻く外部環境の変化を深く理解することが可能となります。少子高齢化、価値観の多様化、社会のデジタル化といった現象がどのように業務に影響を与えるかを具体的に理解することで、適応力と対応力を磨くことができます。

 

次に、自己理解と価値観の探索に重点を置いた研修は、従業員が自己の興味、能力、価値観を深く探求する機会を提供します。これにより、従業員は自己鍛錬の方向性を見つけ、それが自己成長と組織の目標達成にどのように寄与するかを理解することが可能となります。

 

また、キャリアビジョンと個人のミッションステートメントを設定する研修は、従業員が自己の目標と組織のビジョンを一致させる力を育みます。これにより、従業員は自己の役割と目標を明確にし、それを達成するための自律的な行動をとる能力を強化することができます。

 

最後に、研修は自己鍛錬に向けた一歩を踏み出すための具体的な行動計画を作成し、その実行に必要なセルフマネジメントのスキルを磨く機会を提供します。

 

これらの要素を通じて、研修は従業員の自律性を強化し、組織全体の持続的な成長と成功に寄与する強力なツールとなります。

自律型人材研修導入後のイメージ

自律的行動が組織パフォーマンスを劇的に向上させる

創業間して数年が経過したIT企業A社は、急速な拡大とともに、従業員の能力開発に課題を感じ始めました。特に主体性自律性に欠ける従業員が増え、組織全体のパフォーマンスに影響を与える状況に至りました。そこで彼らは「自律型人材研修」を導入する決断をしました。

 

研修では、まず従業員たちはIT業界を取り巻く外部環境の変化を理解し、その中でどのような能力が求められるのかを学びました。それにより、業界のトレンドに即した価値提供を行うための意識が従業員間で共有されました。

 

次に、自己理解と価値観の探索のフェーズで、各従業員は自身の強み、興味、価値観を再確認。それを元にキャリアビジョンを描き、組織のビジョンと自己の目標を一致させることを学びました。従業員たちは自身の役割と目標を明確にし、それを達成するための自律的な行動を取ることができるようになりました。

 

最終的に、従業員は自身の成長計画を作成し、それを実行するためのセルフマネジメントスキルを磨きました。これにより、自律的な成長を追求する企業文化が醸成されました。

研修導入後、A社は明らかな変化を体験しました。従業員が自律的に行動するようになった結果、プロジェクトの推進速度が上がり、イノベーションの創出が加速しました。組織全体のパフォーマンスが大幅に向上し、売上も前年を大きく上回る結果を達成しました。

Check!
自ら考えて行動する「自律型人材」を養成する研修プログラムです。組織の中核人材、管理職候補者などに適したプログラムです。組織を取り巻く外部環境、組織から求められる期待、自分自身のキャリア形成を融合し、自ら進んで行動するための当事者意識・主体性自律性を高めます。
Purpose

研修のねらい

職場を取り巻く外部環境が著しく変化する中で、組織からの期待役割と自己実現を統合して、仕事の意味や意義を見出し、いま身を置いている環境の中で「何をするべきか」「自分に何ができるか」を自分自身で考え、自ら進んで行動するための当事者意識・主体性自律性を高める。

Goal

研修の目標

職場を取り巻く環境変化を理解し、「自ら考え、自ら行動する」自律型人材になる必要性を自覚している。


自分の興味・能力・価値観に気づき、自分にとっての働く意味や意義(自分軸)を見出している。


組織の理念や中長期ビジョンを理解し、組織の一員として自分が果たすべき役割を自覚している。


自らを絶えず変化・成長させるための計画を作成し、自己鍛錬に向けた一歩を踏み出す。

自律型人材研修の流れ

  • STEP

    01

    取り巻く環境変化と「仕事」のあり方

    (1)社会環境の変化(少子高齢化、DX)

    (2)サラリーマンからビジネスパーソンへ

    (3)自立と自律の違い

    ■グループ討議「これからのビジネスパーソンに求められる特徴」

  • STEP

    02

    自分自身を動機づける「自分軸」

    (1)外発的動機と内発的動機

    (2)自律的なキャリア形成の進め方

    (3)自己理解のステップ

    ■演習「自分の歴史を振り返る」「自分の価値観を探る」「自己概念と自分軸」

  • STEP

    03

    組織への理解と貢献

    (1)自社の経営理念やビジョンの理解

    (2)内外環境の変化と組織からの期待

    ■グループ討議「組織の理解と自分の役割」

  • STEP

    04

    自律型人材への変革に向けて

    (1)現状維持バイアスと安心領域

    (2)目標設定と計画策定

    (3)自己変革のマネジメントと自分への躾

    ■演習「自律型人材としての自己開発計画」

Guidelines研修概要

想定する受講対象者

監督職層・中堅社員層

標準実施期間

1日間

標準研修時間

各日9:30〜17:30(1時間休憩を含む)

*ご要望により変更可能です

実施形式

集合研修(推奨) または ライブオンライン配信

標準人数

推奨16名以内(最大24名)

個人の自律性が組織の業績向上につながるメカニズムを理解します。

短期的な課題、長期的な課題の両面から目標を設定し、自分で決めたことを決めた通りに実行する計画を策定します。

受講者の声
自律型人材研修を受講された方から寄せられた声をご紹介します。

  • M様

    40代

    惰性で仕事をしていた所があったので先の事を考えてみようと思えた

    この先の生き方を考えるきっかけになりました。会社内でもこの先や何歳まで働くのか?等考えていきたい。

  • A様

    30代

    これから長い期間働いていく為の指針となりました

    普段、落ち着いて考える事ができない事をゆっくりと考える良い機会になりました。

  • T様

    50代

    自分たちにとって分かりやすく指導して頂き理解できた。

    講師の経験談を混ぜながら研修をして頂き、自分に置き換えてもしっかりレクチャーも出来ました。

  • U様

    40代

    未来を見据えて自分を変える事が重要だ

    何をするべきか、自分に何ができるか、自分自身で考え自律性を高めていきたい。

  • P様

    50代

    自分のこれからについて明確なビジョンを持っておく

    自分が今何をすべきなのか、10年後にどうなっているか名どの明確なビジョンを持って取り組む事が重要だということを学んだ。

お気軽にお電話でご連絡ください
078-600-2761 078-600-2761
平日 9:00~17:00

お問い合わせからの流れ

  • STEP
    01

    お打ち合わせ

    現状のお悩みや問題点を整理して、取り組むべき課題を明確にするためのお打ち合わせを行います。

     

    オンラインでのお打ち合わせも可能です。ご相談は無料ですので、お気軽にお申し付けください。

    3714305_s
  • STEP
    02

    ご提案

    お打ち合わせの内容に基づき、最適なコンサルティング・研修のプログラムをご提案いたします。

    経営課題の性質に合わせて、調査・診断、業務フロー改善、人事制度設計、プロジェクト型課題解決、研修・セミナーなど適切なスタイルを選択いたします。

    a74a62136f34853b9211acef2aff1395_s
  • STEP
    03

    ご成約

    ご提案内容に合意をいただいたら、ご成約となります。実施日(開始時期)を調整の上、プログラムの実施に向けた準備を進めて参ります。

    df9d52cbf7c1f995e2b19812488a2f4d_s
  • STEP
    04

    プログラムの実施

    経営課題解決のプログラムを実施します。1日の研修、数回にわたる研修コース、数ヶ月におよぶコンサルティングなど、課題解決に向けて伴走いたします。

    22608518_s
Company

経営課題解決や人材育成のプログラムでお悩みでしたらお気軽にご相談ください

概要

会社名 株式会社ビジネスキャリア・コンサルティング
住所 650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-19 アムズ元町4F-18
電話番号 078-600-2761
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝日
最寄り駅 JR東海道・山陽本線 元町駅 徒歩1分
代表者 小松 茂樹

アクセス

個人の成長と組織の成功の両立を図り、人材育成と業績向上の視点からクライアント企業様の目標達成をご支援しております。お問い合わせフォームからのご連絡に基づいてすぐに打ち合わせの日時を調整し、具体的なお悩みやご要望に合わせてオーダーメイドのサポートプランをご提案してまいります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事