職場の風通しを良くして、心理的安全性を高める
社員が前向きで主体的に働ける職場環境を作る
こんなことはありませんか
  • 従業員が上司や同僚から攻撃的な言葉や非建設的なフィードバックを受けている。

  • 従業員が職場に意見を表明したり、意見を述べたりする場がないと感じている。

  • 上司が部下に対して情報を共有せず、一方的なコミュニケーションを行っている。

  • 上司が従業員の仕事に干渉しすぎたり、厳しい管理を行うため、従業員が自分の能力を疑い、不安を感じている。

  • 失敗やミスを犯した場合、上司や同僚から過度な反応を受けることがある。

企業の業績を左右する心理的安全性

誰もが自由に発言できる安心な職場環境

創造性や生産性に影響を与える要素

近年、心理的安全性という言葉が脚光を浴びています。職場の中で、自分の考えや気持ちを、安心して誰にでもオープンに話せる状態を指します。心理的安全性の有無が、社員のパフォーマンス、就業意欲、さらには職場定着率にも影響します。

 

もともとは、組織行動学者エドモンドソンが1999年に提唱した心理学用語であり、決して新しくはない概念ですが、2016年のGoogleによる下記の研究発表で注目を集め、近年では重要視されることになりました。

 

心理的安全性の高いチームのメンバーは、離職率が低く、他のチームメンバーが発案した多様なアイディアをうまく利用でき、収益性が高く、マネジャーから評価される機会が2倍多い」

 

つまり、企業の業績を握る鍵のひとつに、チームの心理的安全性があるということです。

 

社員の成果やモチベーションを左右する職場環境

心理的安全性とは、職場の中で自分の考えや感情を、安心て誰にでもオープンに伝えることのできる状態のことを指します。

 

職場の心理的安全性が高くなると、コミュニケーションが活発になって仕事が円滑に進むようになり、仕事の成果やモチベーションが高まります。また、職場への帰属意識を高めることができ、職場への定着を期待することもできます。

 

心理的安全性を高めるためには、お互いの話に耳を傾け、相手を尊重し、承認する、オープンなコミュニケーションを日々蓄積していくことが必要です。

 

自分から挨拶をする、相手の目を見て話を聞く、相手の話を最後まで聞く、承認してから批評するなど、小さなことの積み重ねが心理的安全性を作り出していきます。

管理職のためのコミュニケーション研修

Check!
職場の心理的安全性を高める
職場の心理的安全性を高め、部下や後輩が前向きで主体的に仕事に取り組み、能力や就労意欲を高めるための、管理職としての関わり方(コミュニケーション技術)を習得する研修です。
Purpose

研修のねらい

職場の心理的安全性を高め、部下や後輩が前向きで主体的に仕事に取り組み、能力や就労意欲を高めるための、管理職としての関わり方(コミュニケーション技術)を習得する。

Goal

コースの目標

職場づくりにおける管理職の役割を認識し、心理的安全性の高い職場の特徴を理解する。


人材を指導・育成するプロセスを学び、育成計画の作成方法、意欲や能力を高める効果的な接し方を理解する。


診断ツールを通じて自身のコミュニケーションスタイルの特徴を踏まえた上で、フィードバックやコーチングの進め方、傾聴や質問などの具体的なコミュニケーション技術を習得する。

研修カリキュラム

  • STEP

    01

    職場リーダーとしての役割と面談の必要性

    (1)管理職の役割、職場における心理的安全性

    (2)人材成長のメカニズム、人材育成の手法

    (3)OJTの進め方、面談の重要性 

  • STEP

    02

    自己理解と他者理解

    (1)パーソナリティの構造

    (2)自己開示とフィードバックの重要性

    (3)エゴグラムによる自己分析

  • STEP

    03

    部下・後輩育成で発揮するコミュニケーションスキル

    (1)コミュニケーションの様々なスタイル

    (2)話の聴き方、質問

    (3)動機づけの仕方、褒め方・叱り方 

  • STEP

    04

    計画的な人材育成

    (1)人材育成課題の設定

    (2)部下の観察情報の整理

    (3)育成計画の作成

  • STEP

    05

    面談の実践トレーニング

    (1)面談シナリオの作成

    (2)面談ロールプレイング演習

    (3)相互フィードバック、改善ポイントまとめ

Guidelines研修概要

日数

1日間

標準開催時間

9:30〜17:30(1時間休憩を含む)

受講人数

推奨16名、最大24名

推奨対象者

管理職層、監督職層

実施形式

集合研修(推奨) または ライブオンライン配信

指導や育成の目的に応じて、部下へのコミュニケーションスタイルを使い分けます。

深掘り、展開、仮定の「3D質問」を用いて、部下に「考えさせる」質問技術を習得します。

Voice

受講者の声

管理職コミュニケーション研修を受講したから寄せられた声をご紹介します。

  • 職場内のコミュニケーションの改善が、業務の生産性やチームの協調性にどのような影響を与えるかがわかった。職場でのコミュニケーションの不足や課題に気付いた。

    (製造業 50代 男性)

  • チームビルディングやモチベーション向上のために、コミュニケーションスキルの向上が不可欠であることを実感した。相手の立場や気持ちに配慮することの重要性を学んだ。

    (建設業 50代 男性)

  • コミュニケーションにおける誤解や不和を避ける方法を学んだ。職場内の人間関係を改善できるように傾聴やフィードバックの方法を試していきたい。

    (情報通信業 40代 男性)

お気軽にお電話でご連絡ください
078-600-2761 078-600-2761
平日 9:00~17:00

お問い合わせからの流れ

  • STEP
    01

    お打ち合わせ

    現状のお悩みや問題点を整理して、取り組むべき課題を明確にするためのお打ち合わせを行います。

     

    オンラインでのお打ち合わせも可能です。ご相談は無料ですので、お気軽にお申し付けください。

    3714305_s
  • STEP
    02

    ご提案

    お打ち合わせの内容に基づき、最適なコンサルティング・研修のプログラムをご提案いたします。

    経営課題の性質に合わせて、調査・診断、業務フロー改善、人事制度設計、プロジェクト型課題解決、研修・セミナーなど適切なスタイルを選択いたします。

    a74a62136f34853b9211acef2aff1395_s
  • STEP
    03

    ご成約

    ご提案内容に合意をいただいたら、ご成約となります。実施日(開始時期)を調整の上、プログラムの実施に向けた準備を進めて参ります。

    df9d52cbf7c1f995e2b19812488a2f4d_s
  • STEP
    04

    プログラムの実施

    経営課題解決のプログラムを実施します。1日の研修、数回にわたる研修コース、数ヶ月におよぶコンサルティングなど、課題解決に向けて伴走いたします。

    22608518_s
Company

経営課題解決や人材育成のプログラムでお悩みでしたらお気軽にご相談ください

概要

会社名 株式会社ビジネスキャリア・コンサルティング
住所 650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-19 アムズ元町4F-18
電話番号 078-600-2761
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝日
最寄り駅 JR東海道・山陽本線 元町駅 徒歩1分
代表者 小松 茂樹

アクセス

個人の成長と組織の成功の両立を図り、人材育成と業績向上の視点からクライアント企業様の目標達成をご支援しております。お問い合わせフォームからのご連絡に基づいてすぐに打ち合わせの日時を調整し、具体的なお悩みやご要望に合わせてオーダーメイドのサポートプランをご提案してまいります。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事